特徴を利用する目的を1通り理解しておくこと

サイトメニュー

精神病でも手当金が貰える

院内

申請方法や特徴について

大きなストレスは、うつ病という病気の原因になってしまうことがあります。うつ病とは、無気力感や倦怠感が続き、仕事に行けなくなったり通常普通に出来ていたことが出来なくなったりしてしまう病気です。寝られない、起きられないなどの睡眠障害や、拒食や過食などの摂食障害をもたらしてしまうこともあります。さらに症状が悪化すると、攻撃的になり、他人や自分自身を傷つけてしまう恐れがあるので、入院しなくてはならないこともあります。またうつ病の特徴として、自分では気づきにくい、ということが挙げられます。特に初期の場合は、何となく体調が悪く気分が落ち込む、などのよくある症状から始まるため、ただの体や心の不調であると勘違いしやすいのです。そのため、重要なのは周囲の人が気づいてあげることです。特に心療内科や精神科などは自ら率先して行きにくい場所なので、周りの家族が支えて、通院を進めてあげることで、症状が軽いうちに治療を開始出来ることにつながります。それでも症状が悪化してしまった場合は、仕事を休職、退職しなくてはならないこともあります。特に家族がいる人は、仕事を休職、退職は出来ない、と悩んでしまう人も多いですが、そのような人のためにあるのが、傷病手当金という制度です。傷病手当金とは、病気になった際に申請することで受給出来るお金のことです。ケガや病気のときしかもらえない、と考えている人も多いですが、実はうつ病のような精神病でも、申請すれば受給することが出来ます。ただし、受給のためにはいくつかの条件をクリアしなくてはなりませんので、しっかり覚えておくと良いでしょう。

傷病手当金を受給するための条件は、大きく分けて3つです。まず、社会保険の加入者であり、しっかり納税をしていること。傷病手当金は社会保険から出るので、必ず加入していることが条件です。給与天引きではない自営業などの場合は、納税のし忘れなどには十分注意しておきましょう。その次に、3日以上、仕事に就くことが出来ない状態が続いていること。ただし、連続する3日間を含む場合です。最後に、休んだ期間の給与支払いがされていなこと。有給扱いなどになり給与が支払われている際は、その分の手当金は出ませんので注意しましょう。この3つの条件をクリアしていれば、傷病手当金の申請が出来るようになります。また、申請書類と共に必要なのが、医師が記入した診断書です。専門の医師が、仕事に就ける状態ではないと判断しているという明確な証拠になるので、必ずかかりつけ医に診断書をもらいましょう。病状などを出来るだけ細かく記載してもらうことも重要なポイントです。また、申請書の「事業主記入欄」のにも、雇用主の記載が必要ですので記入をお願いしましょう。この欄は、うつによって会社を休んでいる状態が続いていること、その間給与の支払いが行われてないことを証明する大切な場所です。また口座へお金が入金されるのは、申請書類を提出してから2〜3週間程度です。晴れて傷病手当金を受給することが出来たら、お金の心配はなくなりますので、家族がいる人も、治療に専念しましょう。治療は、医師によるカウンセリングや抗うつ剤などの投薬が主となります。根気よく治療を続けることで、完治することは出来ますので、傷病手当金をもらいながら、しっかり治療をしていきましょう。

Copyright© 2019 特徴を利用する目的を1通り理解しておくこと All Rights Reserved.